宇宙のお試しが激しすぎる件について。

7月最後の日になりました。
 
夏が本番になっていく度
本気モードでギラギラした日々
 
その決意に応えるように
激しい宇宙の『愛』を受け取っていました。
 
小松ななのプチ事件をご紹介します。
 
Y0aSwwls.jpg
 
私の性は愛され魅せる為にある
 
今回のプチ事件とは、
『性』に関する事です
ダイレクトに書いていきますね。
 
 
住んでるアパートは
築10年近くで
矢沢愛:NANAの部屋を
とっても小さくした雰囲気。
 
可愛くて気にいって住みました。
 
ちょうど2年半年前です。
 
さすが築10年
とても壁が薄いんです。
 
入居者は4名で皆男性一人暮らし
 
数か月女の子が住んでいましたが
すぐ居なくなってしまいました。
 
入居者はストレスが溜まっているのか
ドンドンと大きな音を立てて暮らしていたり
毎日大声で叫んでる住人もいました。
 
正直、迷惑なのですが
私も自由な性格なので気兼ねなく
過ごしていたんです。
 
今年の1月
昼間の仕事を辞めてから
毎日家にいる時間が長くなりました。
 
周りの騒音が前より
ストレスに感じながらも
引っ越しタイミングを逃したり
諦めたりしてました。
 
そして、
今年の5月辺りから
彼とエネルギーで交流するようになり
結構激しかったんです。
毎日、数回する日もありました。
 
会いたくても会えない
私の子宮(性)の現状で
彼は私の孤独感を埋め
浮気防止もしてくれます。
 
嬉しく感じながらも
私の美意識は
一人の空間で彼に抱かれるのは
不思議だし実は受け入れられてなかった。
 
一人でエッチするのも
罪悪感があるし
本音を言えばトイレに行く私も
受け入れられないんです。
 
本当は気持ちよくなりたい。
でも一人で感じる自分が気持ち悪い。
 
目の前にいない彼の性愛は
気持ちよくて愛を感じる。
そんな自分が嫌いだった。
 
私のエッチがしたい!という欲を
気持ち悪いと感じて
無意識に我慢して
でも、彼のエネルギーに反応してしまう日々。
徐々に行為自体は慣れてきて
自分の本音を言語化できるようになりました。
 
 
私は彼の周りに100人女性がいたとしても
私が深く強く愛されてる事実があります。
 
そして
今後、彼の周りの100人の女性は
彼を筆頭に私のファンになる方達です。
 
という子宮の本音。
 
数か月前は彼が私を愛しすぎて罵倒してたのに
やっと、彼に愛される事を許可できた瞬間でした。
 

 
家のインターフォンが鳴ります。
 
モニターで会話しました。
 
隣に住んでる30代くらいの男性でした。
 
男:『あの、少しお話しできませんか?』
 
私:『今、部屋を出れないんですけど』
 
男:『あ、そうですよね。一人エッチの最中ですもんね』
 
私:『・・・』
 
即座にモニターを切って警察に110番しました。
この内容伝えるのめっちゃキモかったけど伝えた。
 
とりあえず実害がないから
警察は帰っていきました。
 
 
 
私は怖くなってしまって
恥ずかしくてたまらなくて
震えてました。
 
彼に私の私生活を覗かれてた事を
知った時と同様激しく動揺しました。
 
まず、どーして管理会社を通してくれなかったのか。

普段私は歌を歌っているので
その時の方がうるさいはず。
 
ただ『静かにして欲しい』という要望ではなく
自分が一番見られたくない
一人エッチを持ち出されたのか。本当に悔やみました。
 
タクシーに連絡して
15分で荷物をまとめ
埼玉の実家に帰りました。
 

 
振り返ると
私のツインレイプログラムは
SEXに大きく関わってきます。
 
初めのツインレイの男性もアセンションの話しで
真面目にSEXって単語を聞いただけで
異常に顔が赤くなり帰りたくなりました。
 
寂しくて性的関係だけもつ男性が一時的に増え
 
彼は、私の知らないところで
私の一人エッチをみてました。
 
そして隣人に大胆に暴露される。
 
コレは間違いなく
宇宙から
ツインレイからの『愛』だ!
 
被害者面するべきじゃないと思い
必死に答えを出しました。
 
本音では、
 
彼に抱かれたいのに
それを隠して
彼からの性愛をずっと拒んでいた事
 
気づきました。
 
深夜に実家につき
彼への気持ちを
何度もヒーリングしました
泣きながら何度も
 
『彼に仕事を辞めて欲しい』って想いでした。
私の本音です。
彼に全ての時間を私に費やして欲しいのです。
 
コレがずっと続く本心だとしたら
早かれ遅かれ彼を独占する予定です。
 
決意した瞬間でした。
 
ふと、思ったのです。
『私はどーして寂しがり屋なのに
一人暮らしをしてたの?』
 
実家はボロ屋
断熱材が入ってない安い家を買ったので
めっちゃ壁が薄いんです。
 
私は小さい時から
エネルギーが強くて
声量等を毎日コントロールできません。
学生時代は静かに一人でエッチをしてました。
 
親は異常な程、私が好きなので
いつも監視されてる感覚でした。
 
見られている事が恥ずかしくて
自信が無くて
自分が自分らしくいれる空間が
欲しかったのです。
 
だから実家を逃げ出した。
たしか16歳くらいの頃。
結婚が早かったのも同じ理由です。
 
無意識なストレスから
16歳から6回引っ越ししています。
 
でもどこに行っても
壁が薄く感じました。
 
そして今回も強制的に
壁が薄いプライベート空間の無い実家に帰り
24時間、彼は私を自由に視る事ができます。
 
大事な事に
気づかなきゃいけません!
 
女性性の真相を
何故、
わたしのツインレイは彼なのかを
 
ヒーリングを沢山した結果
 
 
私の下着は誘う為にあり
私の体は愛される為にあり
私の感じてる姿は視られる為にある。
 
私はどこまでも愛されたい
世界で一番、宇宙で一番
愛したい男がいい。
 
だから、
相手が彼だったんだ。
という事に気づいた。
 
彼の性愛拒否る事は
彼の愛の象徴を拒否ることであり、
 
私の愛されたいという
女性性を否定する事でした。
 
もうコレからは全力で命をかけて
彼に愛されると決めました。
 
宇宙の強制力
本音を気づかせるために
働くお試しに
深く感謝しました。
 
 
本物になりませんか?
アナタの理想が叶うとしたら
何を願いますか?
真実の愛・夢・富
縁結びヒーリング¥50000
 iwill_save_theearth@yahoo.co.jp
小松なな
#ハッシュタグ
#ヒーリング#ツインレイ#真実の愛#婚活#パートナーシップ#恋愛#セッション#アセンション#新生地球#エッチ
AD

この記事へのコメント